2015年7月16日(木)

京阪百貨店守口店様に、大幅なCO2削減を可能とするセントラル空調対応省エネシステム「エコ・ビジョン」を採用頂き、導入後1ヵ月で、すでに前年比、約70%の電力削減を達成致しました。

エブリ株式会社/株式会社長谷川電気工業所
京阪百貨店守口店が、大幅なCO2削減を可能とするセントラル空調対応省エネシステム「エコ・ビジョン」を採用
~導入後1ヵ月で、すでに前年比、約70%の電力削減を達成。1年を通し、 さらなる電力量の削減を目指すとともに、CO2の排出量を最小限に抑える~

セントラル空調対応省エネシステム,エコ・ビジョン

NCS&A株式会社(所在地:大阪市中央区城見、代表取締役社長:松木謙吾)のグループ会社であるエブリ株式会社(本社:大阪府城東区、代表取締役社長:廣瀬 実、以下エブリ)は、株式会社長谷川電気工業所(本社:新潟県村上市、代表取締役社長 長谷川 雄一、以下、長谷川電気工業所)が開発した、セントラル空調対応省エネシステム「エコ・ビジョン」を京阪百貨店守口店(所在地:大阪府守口市、取締役社長:辻 良介、以下京阪百貨店守口店)に、4月30日、納入し稼働を開始しました。

エブリが販売した「エコ・ビジョン」は、大型商業施設をはじめ各種大型施設の空調設備において、月間電力量の削減率98.3%(月間最高)の実現が可能な省エネシステムです。同システムは、高性能インバーターと制御盤を空調の冷温水ポンプに取り付け、水温と圧力データ等をコンピュータに取り入れてコントロールする仕組みです。加えて、VPNによる管理で、遠方監視によりリアルタイムで監視をすることにより高い削減率が可能となります。

セントラル方式の空調は、以前から循環ポンプの運転に無駄がある点が多く指摘されています。各機器メーカーによって、異なるポンプの流量制御の中、熱源システム内の機器の調整が必要なことから、互換性の問題やメーカー相互の調整の難しさが問題視されていました。長谷川電気工業所が独自に開発したこの負荷連動流量制御システムを用いて、負荷に応じて運転することにより、一般的なインバータ制御では消費電力の30~40%にとどまる削減率を、70~90%台へと大幅な削減を実現しており、その規模は業界で最も高い水準です。

主に関西地区の販売を担当しているエブリでは、「エコ・ビジョン」のニーズが高い大型商業施設を中心に、医療施設や介護施設、ホテル等への導入に向けて営業活動を展開してきました。本年4月には、環境問題に対する意識が高く、CO2の削減のための取り組みに力を入れていた京阪百貨店守口店において、「エコ・ビジョン」の導入が決定しました。こちらの設備では既に省エネ対策済でしたが、導入後1ヵ月間の稼働の中で、消費電力及びCO2が更に約70%削減され、今後、1年を通し稼働させることで電力の削減を目指すとともに、CO2の排出量を最小限に抑える事が可能となります。

エコ・ビジョン」は、425病床規模の病院においては、年間、507,364kwhの消費電力を削減、780万円の費用削減となりました。また、200客室規模のシティホテルにおいては、年間371,212kwhの消費電力を削減し、それに伴うCO2は、206tの削減を実現しています。エブリでは、引き続き、業界No.1規模の月間電力量削減率98.3%の実現をめざし、関西地区の医療施設や介護施設、商業施設、宿泊施設を中心に、営業活動を展開していきます。

(参考)

<NCS&Aのグループ会社であるエブリについて>
昭和58年に設立、平成24年に商号変更をしたエブリは、大阪に本社を構えるシステムインテグレーターであるNCS&A株式会社のグループ会社です。これまでに培われた技術・サービスをベースに、システム開発・支援、インフラの設計・施工、365日24時間のハード・ソフト保守・監視などワンストップサービスを提供しています。また、2011年の東日本大震災以降、電力や原子力の問題を受けて、環境事業に着目し、省エネルギーや環境改善を目的とした「スマートエネルギーソリューション」を提供しており、現在で主力事業の一つと位置づけています。空調設備の省エネや電気代削減、更にビル管理を最適化するM2M設備機器の提案から導入・保守までの一貫した事業を提供しています。
<長谷川電気工業所について>
昭和21年に創業した長谷川電気工業所は、通信やIT、プラントの機械設置や土木に関わるものも含め、電気・空気・水にかかわる設備の企画・設計・施工・メンテナンスの事業を展開しており、総合設備業を展開しています。その範囲は広く、ダム・発電所・ゴルフ場から、工場、ビル、そして一般住宅までを対象としており、顧客は、国、県、市町村などの官庁、ゼネコン、工務店、大工、電気・設備機器メーカーそして一般個人と幅広く対応しています。

<株式会社京阪百貨店について>
大阪府守口市に店舗を構え、開業30周年を迎え京阪地区を代表する百貨店。京阪百貨店守口店を中心に、くずはモール店、ひらかた店、モール京橋店、すみのどう店等の商業施設を運営しています。かねてより、環境問題に熱心に取り組んでおり、CO2削減に対する活動を積極的に展開しています。

京阪百貨店守口店様に「エコ・ビジョン」を導入いただきました

【本件に関するお問い合わせ先】
エブリ株式会社
第一事業部 環境エコグループ
Tel:06-6963-4640
E-mail:eco@every365.co.jp