エブリ株式会社 新卒採用サイト2022エブリ株式会社 新卒採用サイト2022

ENTRY
エントリー

NEWS

おしらせ

2021年度 入社式を行いました

エブリ株式会社に新たに2名の新入社員が加わりました。

これからエブリの社員として頑張ります!

     

    

新入社員の皆さんへのお祝いメッセージ

2021年4月1日
エブリ株式会社 代表取締役社長
越智 みさき

 皆さん、入社おめでとうございます。
皆さんを仲間として迎えるこの日を心待ちにしていました。

 皆さんにとっては、これからずっと、就職活動を思い出すときにコロナ禍のことを抜きに語ることはできないだろうと思います。就活に限らず、受験、卒業、結婚、転職など、この時に人生の節目を迎えた皆さんは、本当に理不尽なご苦労をされたと思います。

 ただ、そのような苦労があった中でも、皆それぞれに新しいステージに立ち、新しい出会いがあり、前に進んでいくしかないのが人生で、皆さんはその中で当社とのご縁があったのだと思います。

 私たち経営者も誰も経験したことのない、この目に見えない災害に向き合いながら、一年間、乗り越えてきました。会社の売上にも大変大きな影響が出ました。しかし、その中で、ここにいる部門のリーダーを中心に、すべての社員の様々な工夫と協力によって、しっかりと利益を出すことができました。

 その工夫の中で最も大きかったのは、感染予防の目的で実施した在宅でのテレワークでした。
コロナ前から働き方改革の観点でテレワークを進めようと考えていたのですが、「困難が多く、そう簡単にはできないだろう」と思っていました。しかし、感染が拡大する中で政府や自治体の要請もあって、全社レベルで「やろう」と決めてしまえば、リモート接続のインフラの問題やルールづくりが一気に進み、ほとんどの社員が在宅勤務をできる環境が整いましたし、限定されると思っていた職種や業務も、100%ではないとは言え、相当な範囲でカバーすることができました。

 もう一つは、オンライン会議です。
技術・サービスとして存在することは分かっていましたが、自分たちが使うことは想像していませんでしたし、会社の会議という複雑なコミュニケーションをオンラインでできるとは、とても思いませんでした。しかし、このオンラインによるコミュニケーションは、様々なブレーク・スルーを起こし、ビジネスの常識の壁を次々と打ち破ってみせました。

 何をもってあれほど「困難だ」と思っていたのか、今となっては首をかしげるほどです。

 コロナ禍によって、国民の生活や企業活動にさまざまなマイナスの問題が起きたことは事実ですが、このように、それまで「超えるのは無理だ」と思っていた壁を、コロナ禍によって一気に突破したことも沢山あったと思います。

 コロナの前と後の大きな変化を実体験した私たちには、「社会の既成概念の壁を打ち破る責任がある」のだと思っています。

 新型コロナウィルスの終息の時期は未だ見えていませんが、感染予防とワクチンと治療薬が揃えば、コロナ禍は終わることははっきりしています。そして、その時、コロナ禍の前と同じ社会には戻らないということも、また、はっきりしています。

 コロナ禍によって社会の様々な価値観は変化しましたが、それは実は、コロナ以前から「そう変わるだろう」とみんなが思っていた社会。でもその社会の実現には多くの困難があり、簡単にはできないだろう、とみんなが思っていた社会だと思いませんか。

 当社は今年度が2019年度から3ヵ年の中期経営計画の3年目に当たります。コロナ禍で中期経営計画などただの紙切れになったという会社もあると聞きますが、少なくとも、当社に関していえば、何も変わっていません。

 ビジネスの停滞があったのは、遅かれ早かれそこから離れなければならなかった分野であって、これから挑戦しようとしていたビジネスは、むしろコロナ禍によって明確になったと思います。

 コロナ禍は終息まで、もう一年ほどかかると思いますが、その時を待つのではなく、私たちはギアを上げて前に進んでいくことを選択しました。皆さんが参加するエブリは、今ちょうど変革の真っただ中にあり、少しバタバタしているかもしれませんが、是非そのバタバタを一緒に楽しんで、新しいステージに突入していきましょう。

 最後に私の好きなこの言葉を贈りたいと思います。
「未来が、過去を、決める」 です。

 過去の積み上げで今があり、今の積み上げが未来を切り拓いていくことはもちろん真理ですが、この言葉の意味は、「事実としての過去は変えられないけれど、その価値や意味は未来が定義する」ということです。

 皆さんは縁があって当社に入社されました。それは、皆さんの選択であり、会社の選択でもありますが、それが正解だったのかどうかは、今ではなく、皆さんの未来によって決まる、という意味です。

 皆さんがこれから多くのことに挑戦し、失敗したり、獲得したりしながら社会人として、またITエンジニアとして成長し、いつか、当社で働くことにやりがいを感じてもらえるようになったら、「2020年の選択はお互いに正しかった」と言えるのだということです。

 会社は社員にチャレンジするチャンスを与え、社員が乗り越えようとする意欲を支持し、その活躍を支援することによって、会社として成長します。

 ちょうど今朝の新聞の社説に、「新人は、仕事を教えるべき後輩であるとともに、組織に外の風を運んでくれる存在だ」と書かれていました。
当社は今年40期目の実績を積み重ねてきた会社ですが、ちょうど今曲がり角を曲がろうとしているところです。まさに、皆さんはさわやかな風となって、今年は少し早く咲いた桜の花びらとともに、当社に新しい空気を吹き込んでください。

 是非とも、新入社員の皆さん、そして皆さんの採用に関わった人たちが、「あの時の選択は正解だったね」と言えるように、これから一緒に頑張っていきましょう。

 以上、私からのお祝いのメッセージとさせていただきます。

メインページへ戻る